あんこさんこのご機嫌よう

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険かけなきゃ面倒みてやらないから!

<<   作成日時 : 2012/05/25 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


保険を見直して欲しい、と夫に伝えたら 「保険金目当てなのか?」と。
しかも真顔で言うしなんて悲しい反応だろう!
だって、私もちゃんと夫に残すべく考えて保険に入っているのに。
これって何の差なの?愛の差なの?


夫との会話の中でよく出てくる話題が生命保険

数年前のあるときの話
私:現在の死亡保険や入院保険の額では心配だからもうちょっと額をアップして
夫:そんなのそっちに言われて決める事じゃない、こっちが決める事だ
私:本気でそう思ってる? 私はしっかり○千万残すように掛けているのに!信じられない!
夫:保険目当てみたいで掛けるのが嫌になった

お金


まぁ、大喧嘩になったわけです


それからしばらく保険話は夫婦間でご法度の話題となりました


でも、この頃の喧嘩は思いを伝える(言葉)が足りなかったのです
私達には子供がいないし夫は10歳以上も年上
今は私も働いて老後のためにも貯金に励んではいるものの
人って何時どんな事が起こるか分からない


お金があれば万事OKではないが・・・


実際にパート先で出会ったある方は50代半ばにして未亡人となった
5000万円の死亡保険がおりてそれはそれは優雅な暮らしに

ちょっと仲良くなった人達を毎晩の様に飲みに連れて歩き
羽振りの良い人とパリへ1ヶ月も旅行へも行ったり
着るものもどんどん派手になって・・・


数年後にはまだ20代前半の私に
「電気代が払えないの、2万円でいいから貸して」と。
私も飲みに連れて行ってもらった一人だったがその頃は収入も貯金もほとんど無く
手元にあった1万円を差し上げるつもりで渡しました。


それっきり音信不通になった彼女は今どうしているのか全くわかりません
風の便りではある温泉で仲居さんをしているとかいないとか・・・


こういった大金を手にして豪遊したいから残してくれ、と言っているんじゃないんです
今、現在の生活水準をある程度、維持できて
万が一、病気になった際に通院や入院も出来ると予想される安心が欲しいだけだったの!
折にふれ普段の会話の中でちゃんと
(言葉)の裏にある(気持ち)を伝えるようにしました


そうして夫は理解をしてくれそれが大切なことと自覚した様子
が、しかし事はスムーズに進んでおりません


「わかったよ」  の言葉のあとに行動が伴わないのが夫の難点


--------------------------------------------------------------------
私:新聞紙はこの日が捨てる日なの、重いからお願いしますね
夫:うん、わかったよ
--------------------------------------------------------------------
私:この除湿機、壊れちゃって重いから○曜日の資源ごみの日にお願いしますね
夫:うん、わかったよ
--------------------------------------------------------------------
私:貴方にこの書類が届いていたので期日までにお願いしますね
夫:うん、わかったよ

全〜〜〜〜部、そのまんま数ヶ月!!こっちも意地です!
そしてまたイライラする私   

んもぅーーーーーーー!!


突っ込み入れても  「わかった、わかった・・・」 って、
あれーーー?私を大切だから保険を考えなおします!
そう言ったよねーーー

ネットでちょっと調べればいいじゃない
いまはね、生命保険の見直しや相談を完全無料で引き受けてくれるところだってあるのに
たとえば、保険辞典とかね
探したり調べようって努力しているんだろうか?


なんだか、こうやって書いていたらまた腹立たしくなってきちゃった


家って危機かなーーー? 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保険かけなきゃ面倒みてやらないから! あんこさんこのご機嫌よう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる