あんこさんこのご機嫌よう

アクセスカウンタ

zoom RSS もともとが省エネ体質!環境保護の問題って難しすぎる

<<   作成日時 : 2012/07/04 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地球温暖化対策とか地球環境を守るって言ったって、二酸化炭素の排出を抑えるといった大きな取り組みは、それぞれ出来る出来ないが分かれることだし、それを目に見てわかるデータにしておかないと正直効果があるような気がするだけで実際の効果は分かりません

効果がある気がする、それだけでは地球環境は守れないんじゃないかというもどかしさがあります


環境保護活動が、効果があるような気がするだけではなくて


実際に『あ!これって効果あるんだ!』ってわかるとなんか嬉しくなると思うんです。



例えばレジ袋削減がどれほどの二酸化炭素の排出削減に成功しているのか

といった疑問が言われていますが、

それはスーパーがレジ袋の配布をやめたなら、消費者はエコバックを持参しないわけにはいかないから




それと。

スーパーのレジ袋をゴミ袋として利用していた人は変わりにゴミ袋を買わなければいけなくなった

とは良く聞く話で、スーパーのゴミ袋削減の裏でゴミ袋の売上が伸びていたら意味ないんじゃないかっていう疑問

が残るから  

確かにそれなら、
『っもしかしたらレジ袋削減ってコドモダマシ?』
って思われちゃうかもしれないですよね。



ほ〜んとに地球温暖化対策は難しい問題だらけなんですね・・・。



でも実際に、地球の平均気温が上昇するとホッキョクグマが元気を失い

クマ画像


オセアニアのツバルをはじめとする海抜が低い島国は国の存在すらも脅かされています

ビーチ画像




地球温暖化対策の活動は難しくて分かりづらいからこそ

温室効果ガス排出量を数字に表すとか、


結果が目に見える工夫が必要なんだと思います。




例えばレジ袋削減運動ならエコバックやゴミ袋を生産するのに排出する温室効果ガスの量とか、


傍目には見えないけど、その活動の影響が及ぶ面にも幅を広げて・・・




だって結局意味の無い事を続けていたって

ホッキョクグマも南国の美しい島国も守れないですし・・・。




環境を守る運動は一人で取り組むよりみんなで取り組んだほうがいいに決まっているけど、

一般庶民って普通に暮らしているだけでもエコしていると思う

http://chikyu-ondanka.com/html/08shoene.html




例えば、冒頭のレジ袋をゴミ袋の代用としていた人が結構いることもそうだけど、

通勤は毎日マイカーではなくて電車やバスだったり、

仕事や学校に行っている間は当然家の電気はあまり使わなかったり、

お風呂の残り湯は洗濯に投入したり・・・

などなどいろいろやっている家庭って案外多い




普段からエコな、エコのプロともいえる一般庶民が一丸となればきっと地球環境を守れるから、

ちゃんとした活動をしたら効果は出てくると思うけれど、

地球環境って慣れない単語も多くて本当に難しいことだらけ・・・^^;



私ができることは少ないけど・・・まずは難しい言葉に負けずに理解するところから取り組んでいこうかな?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もともとが省エネ体質!環境保護の問題って難しすぎる あんこさんこのご機嫌よう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる