あんこさんこのご機嫌よう

アクセスカウンタ

zoom RSS オーディオ好きの簡単解説

<<   作成日時 : 2012/07/10 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

音楽好きな方必見!

普段はなにげなしにつかっている物も
その構造や仕組みを知ればもっと好きになれるかもしれない!

今日はそんなオーディオ機器について掘り下げていきたいと思います



皆さんは音楽を聴くときは何をつかっているのでしょうか?



PC?携帯?プレイヤー?



やっぱりしっかりと聞きたいときにはそれなりのものが必要になってきます


ではよく聞く「オーディオ」とは何なのでしょうか?




電気屋さんとかではオーディオ機器とか書いていると思うのですが


簡単にいってしまうと音楽を聴くための機器を全体的にオーディオ機器と総称しています




それはスピーカーだったりアンプだったりと様々ですが


実はその内部構造までしっている方はあまりいなんじゃないかな〜と思います。

(バンド等音楽に携わっている方はごめんなさい!)




アンプとは・・・

アンプと聞いてピンとこない方は

よくテレビやアーティストのライブで

楽器を弾いている人の後ろにでかいやつを置いてません?

これの上の部分もアンプです!(家庭用のオーディオアンプとはまた別ですが・・)


アンプ画像photo by fvancini


↑でかいやつ!


そもそもアンプというのは何かご存知でしょうか?


簡単に言うと音を大きくしてくれる機器のことをアンプと呼びます。



私たちの聞いている曲は
アンプが聞きやすい音の大きさに変換してくれいるから
ちゃんときこえるのです!


つげなくてもちゃんと聞こえているよ・・・と思っている方は

しっかりとスピーカーにもアンプが内臓されています



意外としらない人でも

アンプとの繋がりはあるかもしれませんね。



単にアンプと言っても実は色々な種類があるのをしっていましたか?


その中からパワーアンプとプリアンプについて簡単に説明しようと思います。


・プリアンプ
簡単な言葉で表すと音を作ってくれています。
コンポなどからの信号を整えたりしてるアンプです。
これがないとバランスや音質がひどいことになります。

・パワーアンプ
先ほども書いたとおりアンプといったらこのアンプです!
音を私たちが聞こえる大きさまで大きくしてくれているところです。

仕組みとしてはプリアンプ→パワーアンプ→スピーカーの順になります。
(分かりやすく言えば・・)


ちなみにプリアンプにスピーカーを直接繋げても音のレベルが小さいので聞こえません




これら二つが合わさってアンプと呼ばれる機器になっています。





スピーカーとは・・・


スピーカー画像photo by pochacco20


これは皆さん知ってのとおりのものです。

音を発生させる場所ですね!



アンプを繋げていてもいなくても最終的に音がなるのはこの部位です。

逆に言えばアンプがいくら高性能だとしてもスピーカーがダメではそのよさは
音として伝わらないということです



なのでこだわる人は自分で
自作スピーカーを作っちゃう人もいるとか!





ウーハーとは・・・


ウーハー画像photo by Mario's Planet


一回は聞いたことがある言葉だと思います。

とにかく低音が体にドシドシくるのを想像されるかと思いますが

このオーディオ機器はとにかく低音域専用のスピーカーだとおもってもらってかまいません。



そもそも音には高中低の三域があるのですが

人間の耳は低い音が小さく聞こえるようになっています



なので通常のスピーカーでは

低音部分が弱く感じられるのでこのウーハーの出番となります。



これをつけて音楽を聴けばライヴにいった感覚や

生のコンサートをみている雰囲気が楽しめます



音楽プレイヤー以外では車につけている人もいますね。

信号待ちとかでドチャドチャなっているあれも・・・




ここではオーディオ機器のほんの一部しか紹介していませんが


世界にとにかくいろんなオーディオ機器が山ほど(http://audiohvn.com/)あるので


興味をもった方は調べてみてはいかかですか?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
オーディオ好きの簡単解説 あんこさんこのご機嫌よう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる